店舗のご案内

店舗のご案内

京菓子の歴史は、そのまま日本の菓子の歴史でもあります。菓子は、その文字が語るように、そもそもは木の実や草の実でした。ちなみに、わが国の菓祖神は、第11代垂仁天皇に仕えた田道間守(たじまもり)と伝えられています。病気の天皇のため、不老不死の霊薬として常世の国(中国の南部からインド)から非時香菓(ときじくのかくのこのみ)を9年の歳月を要して持ち帰ったという伝説が残っています。
その後、奈良時代には仏教の伝来とともに、米や麦、大豆当の穀物を材料にした唐の菓子「唐果物(からくだもの)」が、遣唐使によって伝えられました。亀屋清永の代表的銘菓「清浄歓喜団」もそのひとつです。そして、これが京菓子のルーツでもあります。
団子や餅を塩味で整え、油で揚げた唐菓子は、神仏へのお供え物として、あるいは貴族たちの饗宴に食された、極めて儀式性の高い菓子です。現在も、神社や寺院の神饌(しんせん)や供饌(きょうせん)として、その面影をとどめています。

本店

〒605-0074 京都市東山区祇園石段下南
◆営業時間:8:30〜17:00
◆毎週水曜日定休(その他不定休あり)
 (臨時休業をいただく場合がございますので、事前にお電話でご確認ください)
TEL. 075-561-2181(代)
FAX. 075-541-1034

京都高島屋店

京都高島屋・地下1階 京菓匠
〒600-8520
京都市下京区四条通河原町西入真町52番地
TEL. 075-221-8811(代)

京都伊勢丹店

ジェイアール京都伊勢丹・地下1階
和菓子/菓子のAWASE
〒600-8555
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
TEL. 075-352-1111(代)

本店マップ

  • 亀屋清永の歴史
  • 店舗のご案内
  • 亀屋清永公式サイト

カテゴリーから探す

カテゴリーから探す